FC2ブログ

製品のご指摘の対応

2017.10.03
こんにちはハッピー君です。

ご指摘のアンケートが北海道から届きました。三好春樹さん考案の片マヒの方へのサポートグッズ、アームキーパーです。お客さんがご購入いただいたのは、今回で2台目になります。

アンケート
 
ご指摘の内容は、マジックテープ(ベルクロ)が短くなって使いづらいというものでした。前もってお伝えしておきますが、考案された三好さんに責任がある訳ではなく、こちら製作側に問題がありそうです。
 
あと「けちっている?」っという文言が超気になり速攻で連絡しました。
 
取り急ぎ、現物を見てみないとわからないので、今使っている物を送ってくださいと伝えました。しかしお客さんはこう答えました。
 
「これがないと生活ができないんです。」
 
この言葉には痺れました。
 
おっしゃる通り、物がなければ困ってしまうので、こちらからアームキーパーのデモ品を送り、今使っている物をハッピーへ送ってもらうことにしました。そうすればハッピーで現物確認中でもお客さんはデモ品が使えるので日常で不自由することがありません。
 
チェック
現物が到着しました。お手紙も添えられていました。ありがたいです。

お手紙

比較

こういう時は、ハッピー縫製部でチェックします。過去の仕様となぜ変わったのか仕様書や経緯を確認します。
過去と今の物を確認すると、マジックテープの位置が、以前は手前にあったのが、2cmほど内側にずれていました。マジックテープの幅が狭くなった訳ではなく、位置がずれていました。(材料費をけちっている訳ではありません。)
  
実は、これは意図的にずらしています。マジックテープが外側すぎると、マジックテープが引っ付きすぎて、弱い力では開けられないというご意見が多々ありました。そのため、ずらした仕様にしていました。
 
しかし、今回のお客さんは、そのずらした位置だと端にマジックテープがないと引っ付かないので使いづらいとの事でした。
 
そういう時、ハッピーはどうするのでしょう?
 
 
直すんです。(笑)
 
 
たぶん大きな会社さんでは時間がかかります。どこの部署が作ったのか、作り直すのか、それとも受付で断るのか、採算が合わないからやらない、あと誰の責任だ!ってケースもあり、断る理由が多々出てきます。
 
今確実にわかっていることは「お客さんはこの仕様だと困っている」ことです。
 
だから無償で直します。
それにかかるのは、人件費と材料費と送料と責任です。
 
その決定権は新米ひよっ子社長の僕にあります。
 
誰にも文句は言わせません。(がはははは)
 
っと言うより、縫製ベテランスタッフのHさんが「直しましょう!」と言ってくれたのが本当に嬉しかったです。こういうスタッフが会社にいると、とても心強いですね。

お直し分2
端っこまでマジックテープを縫い付けました。

お直し分1
飴ちゃんと補正したスタッフの手紙を添えてお客さんの元へ届けしました。
 
到着後、僕が不在時にお礼の電話があったそうです。よかったよかった☆
スポンサーサイト
HAPPYcomment
Secret

HAPPYcomment
ページTOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。