FC2ブログ

大震災サポート

2011.07.13
こんにちは。ハッピー君です。
厳しい暑さが続いていますね。

腹巻サポートまだまだ継続中です。

いきなりですが、今日は腹巻サポートの解説をしたいと思います。


腹巻にする生地を集め、車一杯に詰め込みます。
それから車1時間半、呉から三原の「三原きぼう作業所」まで生地を運びます。
SN3K0275_small.jpg


三原きぼう作業所の、スマイリー古川さんを筆頭に、作業所のスタッフの方々に生地を倉庫まで運びます。
SN3K0271_small.jpg

倉庫を密閉し消毒をします。
消毒代は無償です。腹巻サポートの旨を、スマイリー古川さんにお話したところ、無償で快く引き受けてくださいました。本当に感謝致します。
SN3K0268_small.jpg

消毒した生地を車に積み直します。(もちろんスマイリー古川さんを筆頭に)
SN3K0272_small.jpg

生地をハッピーへ持って帰り、ボランティアスタッフの方々に、裁断していただきます。
SN3K0277_small.jpg

ロックミシンをかけ梱包作業を行います。

完成した腹巻がこちらです。
お手伝いいただいた、皆さまの結晶の賜物です。
S・M・L(細かく言うと5種類ほど)と大きさに仕分けて、ご要望の被災地へ発送します。
ちなみに、発送用のダンボールも「村中紙器」の村中社長さんからのご提供で無償でいただいております。本当にありがとうございます。

SN3K0327_small.jpg

今回の生地は、黒・紺色が多く写っていますが、初期段階では、写真のような明るめの色を選び製作しておりましたが、すぐに生地がなくなってしまいました。
残った色は、少し暗めの色・・・。どうしようと悩んでいたところ、現地の方から、腹巻なら、黒でもなんでも良いよ!という声をお聞きし、製作に移りました。

現地では、Sサイズの腹巻は、首に巻いたり、マスクの代わりに使ったり、ニット帽みたいにかぶっている方もいるそうです。

SN3K0252_small.jpg
スポンサーサイト



HAPPYcomment
Secret

HAPPYcomment
ページTOP