FC2ブログ
こんにちはハッピー君のです。

今回のタイトル名は、もう10年近くお付き合いのある女性のお客様の言葉です。

そのお客様は、国際福祉機器展でお会いしたのですが、交通事故により右手の薬指、小指に障害が残ってしまったそうなのです。

医師から告げられた病名は、〇〇〇〇ジストロフィ…名前が長すぎたので書けませんでした。汗


その症状として一番困っていることは、風に触れるだけで激痛が走るそうです。
そのため薬指小指は裸の状態では日常動作ができないそうです。




それをカバーするために、ハッピーの衣服生地やサポーターパイルで使用している素材で、薬指小指をカバーする手袋を作らせていただきました。



私自身素朴な疑問をしました。
「他の生地屋さんでも良いものがあるんですけど、それではいけないんですか?」

お客様曰く「ハッピーの生地じゃないとだめなんです!この生地じゃないとだめなんです!」っと切実におっしゃられていました。

他の生地では、化学繊維が多く入っていたり、締めつけ感があったり、綿と化繊のバランスが合わない、などご自身の肌に馴染まなかったそうです。

10年前にHCRで何かないかと探していたところ、ハッピーブースに遭遇したとのことです。

このご縁は10年も続いています。少しでもお役に立てて嬉しいです。
こんにちはハッピー君です。

先日、HCR国際福祉機器展に出展致しました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

来場者の中で、電動車椅子の背もたれに圧迫感を感じる、とお悩みのお客様と出会いました。

話をしている中で、個別に高反発クッションで背もたれ作らせていただくことになりました。

写真は第一段階のサンプルクッションです。


部分によって硬さや厚みを変えております。お試しいただいて良い感触の物を選んでいただくようにしております。

どのような反応があるか楽しみです。

皆様の介護現場で、個別に作ってみたい、とご希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください☺︎
ページTOP